スクリーンルーバーシステムWEBカタログ
6/44

037105.52103.52100124030800102R15)Bd(ルベレ圧音5.65.6575 5■SHGR-120■SHGW-100■SHGN-1006060807570656055504563080010001250160020002500中心周波数(Hz) 30120暗騒音 SHGW-100SHGR-120SHGN-100SHG-100(例) 315040005000t=1.2t=1.2t=1.5【試験概要(抜粋)】1: 使用風洞および風洞気流実験に使用する風洞は、(財)日本建築総合試験所のエッフェル型吹出式境界層風洞であり、測定部断面は幅1.8m×高さ 2: 測定風速試験体に当てる風は、風速4m/s〜17m/s(風洞最大風速)とし、発生騒音の測定は2m/s間隔で行なう。なお、騒音発生時にはその風3: 測定風向 ルーバーの構成面に風が垂直に当たる1風向とする。風向は、15度毎に7段階(±45°まで)とする。4: 測定方法試験体を風洞吹き出し口に設置した後、前述の風洞風速に上昇させて、発生騒音の測定を行なう。騒音測定位置は試験体近傍とする。1.2m〜1.4m、ターンテーブルの直径は1.6mである。風洞気流は乱れのない一様な気流(一様流)とする。速においても発生騒音の測定を行なう。試験風景:(財)日本建築総合試験所にて試験場所:(財)日本建築総合試験所パネルピッチ(mm)100125150175200パネルピッチ(mm)100125150175200充実率開口率(%)(%)27.472.634.165.941.658.448.251.853.846.2充実率開口率(%)(%)33.166.941.258.844.955.150.149.954.945.1パネルピッチ(mm)100125150175200充実率開口率(%)(%)67.532.572.627.476.323.779.120.981.218.8風洞試験データ(パネルP=100 風速10m/s 風向−15°)風騒音対策型パネル

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る